紫野の家

A House in MURASAKINO
a house for a family ( 3 persons ) / Kita-ku Kyoto Kyoto Pref. / 2000/photo_K.Sugino
敷地は大徳寺芳春院の北側に隣接し、その樹木群が将来も保存されることから選択した。住み手は夫婦と3歳の娘。
スキップフロアによって上下の空間をつなぎ、その床の高さの工夫によって、道の向こうの緑と光を取り入れている。
「北の庭」は密集地という条件に対する標準解答で、北側の天空光や反射光が十分明るいことを確認した。
プランでは、通常の「寝室」を取らず、家族室に付属したベッドコーナーとした。
小さな住宅を広く住むための工夫である。
屋上テラスからは大徳寺や今宮神社を一望でき、上下に連結された空間は最上部で開かれていることを体験できる。
外壁は自然の砂を樹脂で固めたものである。
所在地京都市北区 主要用途専用住宅 敷地面積72.52m2 建築面積42.24m2 延床面積90.69m2 規模地上3階建 主体構造木造在来工法 施工サクジ工務店 掲載誌 作品選集2003、新建築-住宅特集 01/03、建築文化 01/04、コンフォルト 01/夏号、ディティール152 02/春季号、My HOME+ vol.1、間取りがよい小住宅を作りたい、木の家に暮らす08号、My HOME+ vol.2

1234567